読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナリヤ響子さんの毎日

カナリヤ響子さんの毎日を綴るブログ。記事はフィクションとノンフィクションがあります。カテゴリー分けしています。フィクションは作詞などのために訓練として書いています。

>>私のプロフィールはこちら 本家ブログはこちら<<

やっと穏やかな日々が戻ってきた

春らしい穏やかな気候とともに、私の生活にも穏やかさが戻ってきた。

約2年半くらい色々迷ったりして大変だったけど、その中でライターの仕事がノリに乗ってくれたのでよかった。

 

そして最近はいろんなことが片付いてきたので心が穏やかに、仕事や他にやっていたことにも踏み出していけそう。

 

この2年半というよりも約10年間くらい、大変だったけど、これでよかったと思っています。

 

色々経験できてよかったです。

この経験がなければ今の私はいないし、薄っぺらいままの私だったと思う。

 

心の中に蝶々が舞い込んできて

今日の横浜は雨。昨日も雨だった。

でも私の心の中には、晴れ渡った空が広がっている。

そして、桜と菜の花が咲いてて、あの日、私の心の中に舞い込んできた2匹の蝶々が楽しそうに飛んでいます。

 

そう。数日前の横浜はすごく晴れていたから、目の前を2匹の蝶々が横切ったのです。

一度は横切ったものの、微笑ましく見つめていた瞬間、私の心の中に舞い込んできたのですね。

 

でも。それは私にしか見えない現象だったのかも。

だって。通行人もいつものようにおしゃべりして通り過ぎていったし、驚いていた様子はなかった。

続きを読む

ピアノは歌うんだ

私も歌うけどピアノも歌うんだなって最近感じるようになってきた。
ピアノと一緒に歌うって面白い。

昨日はそんな話で盛り上がってた。
最初は変な顔して私の話を聞いてたけど、だんだん入り込んできて「そうだよね。ほんとそうだよねー。」と言ってくれた。

そのおかげで気分良く眠れたからか朝はスッキリ目覚めて、引越しで出た大量のゴミを捨てた。

さぁ、今日もピアノを弾こう。
ピアノは歌うんだ。
そして私も歌うんだ。

 

記事作成に疲れたら気分転換できるカフェがたくさんある

石川町・山手の生活もやっと馴染んできた感じ。

生活用品が揃わないと心も落ち着かないもの。

そんなことを今頃になって知った、私、40歳の春。

 

ライター業も音楽も楽しいから毎日やってる。

生活のためにやってるのか?

いやー、そうとも言い切れない。

朝起きたらやってしまってる感じ。

 

しかし、好きなこともやりすぎると疲れるもの。

この街に来て、一番メリットを感じることは「記事作成に疲れたら気分転換できるカフェがたくさんある」ということ。

 

もっと疲れたら西洋館巡りをしながら記事作成をすることだってできる。

 

例えばこんなカフェたちがあるんだよ。

 

ザ・カフェ

食べログザ・カフェ

無

食べログ

カフェ・ネクストドア

食べログカフェ・ネクストドア

Slow Cafe

食べログSlow Cafe

CAFE Elliott Avenue

食べログCAFE Elliott Avenue

カフェ亀の橋

食べログカフェ亀の橋

カフェ ド ニケ

食べログカフェ ド ニケ

ファンケル ボイス

食べログファンケル ボイス

花花カフェ

食べログ花花カフェ

CAFE SUMIRE

食べログCAFE SUMIRE

ポティエコーヒー 石川町元町口店

食べログポティエコーヒー 石川町元町口店

 

もうこれくらいにしておきますね笑。

 

朝は掃除と洗濯、ゴミ出しと忙しかったけど、やっと日常らしい生活が送れるようになって来たので、ホッとしてます。

 

 

ピースライトを差し出されたから涙が出そうになって

この春から京都の友達の一人が転勤で横浜に来ることになった。
しかも、わりと近所に来たらしいから笑いが止まらない。


京都では、よくジャズバーに行った仲で、善友というか悪友に近い仲だったのかもしれない。


仕方ない。
あの頃はお互いに複雑な悩みを抱えていたから、悪い顔でしか付き合えなかったんだ。


でも、今は違う。
フラフラしていた私たちにも誇れる仕事がある。
そこが大きく違う。


これからどうしようかな。
どこで生きていこうか。
何がしたいんだろう。
なんて、口に出せばきりがないほどの悩みを毎晩飽きもせずに語り合って朝まで過ごしていた。


そこにあったのはピースライトとブラックコーヒー。
時々、ワインや水割りなども飲んでいた。


そして先日、夕飯を食べに行った。
中華街に。
横浜では初めてのディナー。


そしたら、あの頃と同じようにピースライトを差し出された。


「あ、私、タバコやめたのよ。」


そういうと、友達は目の前でしばらくぽかんとしていた。


そして、バツが悪い顔しながらピースライトを鞄にしまいこんでしまった。


「あ、別に吸ってもいいよ。」



と慌てていうと



「じゃ、お言葉に甘えて。」


と、しまいこんだピースライトを再び取り出してきた。


そこでとっさに私は「火つけようか?」と聞いてしまった。


すると、やけに嬉しそうに「じゃ、お言葉に甘えて。」と返してきたので、明るい表情で火をつけてあげた。


その瞬間だ。
どこからか忘れていた懐かしさが込み上がって泣きそうになってしまった。


待て。
私はなぜ泣こうとしている?
泣きそうになってる自分に驚いた。


そして、喉の奥に力を込めて涙を引っ込めた。


そうか。
懐かしいと、人間は泣くのかもな。


そんなことを考えてしまった一瞬。
でも、これが正解だとは思えなかった。


涙を紛らわすためにわざとらしく窓の外に目をやった。
空が青かった、すごく。



それにしても、懐かしいな、ピースライト。
懐かしいと思えるまで、なんか色々ありすぎたな。
すごく回り道した気がする。



そう思うと、また涙が出そうになった。
だから、深呼吸をしてから息を数秒止めて感情を押し込んだ。



ところで、目の前の友達は「色々あったこと」について、未だに追求してこない。


わかってるくせにわからないふりをしてるんだ、きっと。

 

嫌いだった人を好きになってしまった瞬間、めまいがして

最近、好きな人ができました。
かなり有名人なので、名前を出せません。


AKBのフライングゲットを聴き始めたのが「ことの始まり」でした。


以前はすごく嫌いだったAさんが、私の中で偉大な人に変わって、神?的な存在になってしまったのです。


うまいことやってお金儲けやがってってすごく嫌ってたくせに、AKBのフライングゲットを聴いてしまったばかりに、、、嫌いが好きにひっくり返ったのです。


Aさんのぽっちゃり体型も以前は贅沢病のデブとしか思えなかったけど、今は貫禄の象徴にも見えてくるんです。


そう、なんかね、ビジネスっていいね。


私は大阪で育ったから、商人の魂が少し刻み込まれたのかも。


商売っていいなって、ライターやってると特に思う。


AKBのフライングゲットが売れたのは、ターゲットとかばっちりだし、やっぱ計算されてるなって思う。


計算っていうと汚らしいけど、ニーズがちゃんとあるから、素敵だなって思ったらときめいてきたんです。


トキメキって大事。
声の潤いのためにも❤️



嫌いが好きになる瞬間、ちょっとだけめまいがしたよ。

夜だから寝なければいけないそうです

夜になると目が冴えます。
私はこの矛盾について、かなり真剣に考えてきたつもり。



夜になると目が冴えて、頭まで冴えてくるのは自律神経が乱れてるんだ!
だから朝はちゃんと朝日を浴びなきゃ!
よーし!



といった具合で気合を入れたけど、朝は起きれても夜に目がさえるのは変わらないまま。



思い返せば、子供の頃から朝が嫌いだった。


朝起きて、学校に行く支度をするのも、朝食を食べるのも面倒で全てが投げやり。


パンを噛むのでさえも投げやりで、わざと音を立てて食べる。



今から学校に行かなければいけないから食べさされてるパン。
そんなパンを美味しいと思えるわけがない。



高級なバターが塗ってあっても、あまーいハチミツが塗ってあっても、こんがり香ばしく焼きあがっていても、その頃の私にとっては、砂を噛んでるに等しい味であった。




そんなだった子供がめでたく大人になり、さらにめでたくライターで生きてる。


だから、朝に活動しなければいけないという苦しいに襲われる確率はかなり減ったのだ。


早朝に目覚めても、活動するためにシャリシャリとパンを食べなくてもいいのです。


じゃ、なんで夜は寝なきゃいけないのか?


こんなにも目が冴えて、頭も冴えて、文章やら歌やらドワーッと生まれそうなのに、、、どうして寝なきゃいけないのか?



そこで今日は、隣でイビキかいて寝てる人に尋ねてみたのです。
「どうして夜は寝なきゃいけないの?」と。



イビキかいて寝てるほどだから、一回質問したくらいで起きるわけがありません。
声も届いてないと思う。



なので、気合入れて頬を軽く叩きながら「どうして夜は寝なきゃいけないの?「と大きな声で聞いてみた。



すると、ありきたりすぎてため息しか出ない答えが返ってきた。



「夜は普通は寝るもんだよ。。。ムニャムニャ。」



・・・。
つまり、夜だから寝るってことでしょ?



夜だから。
夜だから。
夜だから?



よし。わかった。



じゃあ、夜だから眠らないことにする。
私は、決めた。
朝にイビキをかいてやる。

 

眠ったように暗い私と狂ったように明るい私

私はよく明るい人だと言われます。

でも、自分では「基本的に」暗い人だと思ってます。

しかし、病んでるとかそう言う系ではありません。

何が何でも病まない系です。

むしろ、悪影響を及ぼして周りを病ませてしまう系です。

 

 

すいません。これについては深くお詫び申し上げたい。

 

 

私にはたくさん顔があって大変です。

大きく分けると、明るいと暗いの二つ。

この二つが両極端過ぎて、同一人物は思えないのです。

 

 

ライターやってる時は、ほんと暗いの。

地味、暗い、ダサい。三つ揃ってるよ。

もう誰にもみられたくないね。絶対、家教えたくないし。

 

 

もちろん、暗いだけでは生きていけないでしょ。

本当に全部が真っ黒で真っ暗になったら、大好きなあの人の顔だって見れないのよ、もう二度と。

 

 

だから、バランスを取るかのように、太陽みたいに笑ってみるの。

笑ってもいい相手とね。

狂ったように笑ってると、暗かったことも忘れてしまいそう。

お酒なんていらないよ、そんなものなくたって、狂ったように笑えるのが私だから。

 

 

そしてまた暗い私に戻って行くんだよ。

そうやって生きるのが、どうやら合ってるみたいなんだ。

たどり着くべきところにたどり着いたんだね、きっと。

 

 

確定申告は白から青にした方が良さそう

今日は朝から確定申告のために走り回ってた。

昨日からやっとソフトを使って書類仕上げて、朝にまとめて提出した。

 

で、よく考えたら去年からライター業でかなり稼げるようになったので、青にすべきだったのです。

 

でも、、、青の申請って前年からやらなきゃいけないでしょ。。。。

 

そのせいで1年遅れて青の申請。

今朝、申請してきたのです。

 

だから、多分来年の確定申告は白から青になります。

 

あ、私は本当にライター業で食べてます。

フリーライターで、音楽もちょこちょこお金が入ってて、そんな感じで生活してます。

 

他に仕事をしてるのでは?と思われることが多いので一応言っておきますね。

 

 

今後は、ぼちぼちでいいので音楽の稼ぎも増えて欲しいですね。

ブログの広告費も増えてくれれば、もう言うことはありません。

 

確定申告は白から青になると書類がややこしそう。

誰か手伝ってくれないかな・・・。

 

好きなように振る舞うから嫌われそうなこの頃

昨日はほんと、ちょっと言いすぎたのかもしれない。

 

言いすぎてるなってわかってたんだけど、今日は言いすぎてもいいのかもなって隣で誰かの声が聞こえたから、もう好きなように喋ってやったの。

 

そしたらね、ある人が偏頭痛で具合悪くなって帰っちゃった。。。

 

ある人以外は、みんな目をキラキラさせて私の話を聞いてたの。

 

すごいね〜。

 

さすがだね〜。

 

わかるわかる〜。

 

って感じで聞いてくれてたのに、ある人の顔はだんだん歪んで行った。

 

 

でも私は遠慮しなかった。

 

 

私がのびのび楽しそうにキラキラと話しているのが、さぞかしうざかっただろう。

 

 

考えてみれば、ずーっと前からそうだったし、私のことは今でも嫌いだろうし、顔にちゃんと出てるし。

 

 

それに遠慮して、自分らしく話さないなんて、いつまでも弱虫はやめようと思って、昨日は豪快に振る舞った。

 

 

これでよかったと思う。

 

 

別に攻撃したわけじゃない。こういうところで相手に遠慮して萎縮して自分を守るのはやめようと思っただけ。

 

 

そんなことをしてるうちに、私はまた自分の歌を忘れてしまうから。

 

 

やましい気持ちがないのなら、理解してもらえなくてもいいし、どう思われてもいいし、別にいい人になんかならなくていいんですよね。

 

 

別に、嫌われてもいいんだよ。

歌を忘れる方が怖いんだよ。

 

 

あ〜、偏頭痛、大丈夫かな。あれから、ずっと気になってる。。。。電話でもしてみようかな。

 

引越しが一段落した模様

引越しがなんとか一段落した。

 

 

人生初で二段ベッドを一人で組み立てた。

 

 

上の段のベッドを片手で持ちながらネジを締めるって、普通に考えて無理よね?と思い、持ち前のずる賢さを活かして力を使わずに組み立て成功。

 

 

さすが私。

 

 

こういうところが強すぎるんだ、きっと。

 

 

誰かに頼ろうっていう気がないから、サラサラ。

 

 

それに、「頼って欲しい」っていう人に限って頼りないから話にならないのよね、ほんと。

 

 

結局、自分は頼りないというコンプレックスを抱えてるから「頼って欲しい」っていう理想を口にしてバランスとってるだけなんだと思う。私は数人の人を見て、そう理解した。

 

 

だって、頼り甲斐がある人って意外に「頼って欲しい」って言わないもん。

 

 

言わないけど、、、肝心な時に絶対に横にいて、さりげなく手伝ってくれるの。

 

 

私もそういう人、目指していこうと思う。割と本気で思ってるから。さりげないのがかっこいいじゃん。

 

 

ところで、引越しは一段落したけど、、、、、残ってるのが確定申告。

 

 

もうね、ソフトに頼るしかないのよ、数字が嫌いだから。

 

 

ソフトは「頼って欲しい」なんか言ってこないけど、あなたなしでは確定申告できない私なの。ちゃんとギャラ払うから。

 

 

今年も来年も再来年もよろしく。

 

 

 

短気は治って呑気になってる

私は最近なんだかんだ言って呑気。
いやもともと呑気なのかも。
オリジナルソングの歌詞でも歌ってたね。


オリジナルの「もう、いいかい?」という曲は音質悪いのに実はじわじわ売れてます。
自分の曲の方。


だからこそ、今後ちょっととりなおしたいのよね。


しかも、iTunes配信とか委託した会社が割といい加減で意味不明なジャンルに登録されてたりします。


それを早く消して新しいバージョンに入れ替えたいです。


でも、呑気なんでのんびりいきます♪


ところで、最近は反町の月額「通い放題」楽器練習スタジオ - STUDIO楽にいけてません。


私の練習スタジオなんです。


定額だから行きやすいのとネットで予約できてほんま便利。


アップライトピアノが3台あります。どれも音いいよ!


先月の末は月額「通い放題」楽器練習スタジオ - STUDIO楽の利用者で飲み会&おしゃべり会があったので参加してました♪


ジャズやクラッシックが好きな上品で知的なプレイヤーさんばかりですごく楽しかったです♪


ま、そんなこんなで私は最近引っ越し後の荷物の整理と仕事で忙しくて月額「通い放題」楽器練習スタジオ - STUDIO楽に行けてないのです。


しばらくしたら絶対に行くので、見捨てないでね。


のんきなんですよー、だから。マイペースすぎてねー。

 

住むところも変わって明るくなってきた

住む街が変わって、毎日が変わり始めています。

 

 

目に映る景色が私好みで歩いているだけでスキップしたくなります。

 

 

なんでもっと早くにこの街にたどり着かなかったのかな?と裏通りあたりで思いました。

 

 

バーや飲食店ではみんな楽しそうに話していて、酔い方も新橋っぽくないから好きです。

 

 

レトロでおしゃれで横浜らしいこの街で、この先もずっと暮らしていきたいです。

 

 

住むところが変わり、住むべき街がよくわかり、毎日私らしく過ごせているからなのか、心が明るくなってきました。

 

 

多分、私の心の中には虹がかかっているはずです。

 

 

もう、雨はあがったのですね。

 

 

一応、折り畳み傘は常備していますが・・・。

 

 

好きなことを仕事にできたのかもしれない

実は、未だに自分はライターだという自覚がありません。でも、ライターで食べてる限り、ライターなのです。

 

 

渋谷に大きく貼られていたユーチューバーの広告では「好きなことを仕事にする」というフレーズが目立っていて、まるで他人事のように横を通り過ぎてました、なんども。

 

 

でも、今の自分はまさに「好きなことを仕事をしている」んです。全然他人事ではない。

 

 

 

どういう展開でこんな風になってしまったのか・・・実は思い出せない。

 

 

 

それは、歌を始めた子供の頃にも似ているし、私の人生を振り返ると時々こういうことが起こるなあと驚いてしまう。

 

 

実は、書くことについては10年ほど前にある出版社からスカウトを受けました。

 

 

自費出版とかではなく本格的に書籍化しないか?と言われて・・・私は半信半疑でただただ怖くて断ってしまいました。

 

 

だから後悔しているわけではありません。

 

 

結局こうして仕事になっているということは、あのスカウトは本当だったんだなあと今頃になって驚いているのです。

 

 

これからは音楽も仕事にしたいですね。

ちらほら話があるので、ぼちぼち準備しています。

ピアノもだいぶ弾けるようになりました。

 

 

2月から通い放題定額制のピアノ設置スタジオに行っていて、そこのおかげでピアノ上達しました。

月額「通い放題」楽器練習スタジオ - STUDIO楽

 

音楽は10歳からやってます。歌がほとんどでした。いろんな有名な人にバック演奏などしてもらったこともあるんで、音に反応する耳が出来上がっていると思います。

 

 

才能に陰りが出てきたとか、最近音が死んでる、メロディーが冴えてないなど、割と聞いてないようで聞いてるんです。

生活すべてが音に声に出てしまうものです。

 

 

こういう考えをここ数年はあまり言わないようにしていましたが、これからはちょっと強く前に出ていくつもりです。

 

 

月額「通い放題」楽器練習スタジオ - STUDIO楽さんのおかげでお友達も増えそうなので^^友達も新たに呼び込むつもり。

 

 

悪いことが起こって突き落とされて、いきなりいいことが起こって空を飛んで、アップダウンどころではない波乱万丈なこの人生を愛しています。

 

 

こんないい加減な鳥が書いて歌って食べててすいません、本当に。