読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナリヤ響子さんの毎日

カナリヤ響子さんの毎日を綴るブログ。記事はフィクションとノンフィクションがあります。カテゴリー分けしています。フィクションは作詞などのために訓練として書いています。

>>私のプロフィールはこちら 本家ブログはこちら<<

リサーチ力がある君に一目惚れしそうになった夜

最近はネットでなんでも調べられるから、なんでもお見通しで恐ろしいけど、私はわりと今の時代が好き。

 


プライベートは程よく自分のセンスで隠せばいいだけで、結局はSNSとかも使う人次第だなって思う。

 

 

ところで、さっき私は仕事の原稿を書くために色々リサーチしていました。
ライターの仕事で一番時間をかけるべきところはリサーチです。
リサーチが甘いとどう頑張ってもいい記事は書けません。
歌詞や詩ならなんとなくの感性で書けるけど、記事はそういうわけにはいかないのです。

 

 

私は、ここ数年でリサーチ力が急に上がりました。
それに比例して、もともとあった好奇心も急に上がりました。
上がったというか、さらに表面化したわけね。

 

 

さて、これを読んでいるあなたは、気になったことをすぐにリサーチするほどの好奇心を持っていますか?
リサーチしてから、さらに掘り下げるために考え続けられるほどの情熱を持っていますか?
心が燃えると、それはエネルギーと化し原動力になって行くはず。

 


何かキーワードを発して、それを素直にキャッチして、即リサーチできる人が、私はとっても好きです。
瞬発力があるんですね。

 

 

そこからさらに調べ続けて考え続ける人はもっと好きです。
心を燃やして生きてるんですね。

 


先日、そんな人がいたんですよ。
ご飯食べてたんです、1ヶ月ぶりに。

 


1ヶ月前に私が発したキーワードに関して、まだ調べてたの。
しかも、まだ考えてたの。

 

 

どうでもいいキーワードに、よくもそれだけ心を燃やせるなあって思ったら、危うく一目惚れしそうになりました。

 

 

タイトル作りだけ頼まれることもある

ウェブライターをやっていると、記事じゃなくてタイトルだけ考えて欲しいという依頼もある。

 

 

タイトルっていうと看板というか名前というか、顔みたいなものだから、初めはタイトル作りに時間がかかったけど・・・それももう懐かしい話。

 

 

今朝は1つの記事に対して10個のタイトルをつけてくださいという以前いただいてた依頼の仕事をやってました。

 

 

かかった時間は10分。

 

 

SEOも交えてのタイトル作りだった。

 

 

もう慣れのようなもので、、、ターゲットとか伝えたいことがまとまっていれば、すぐに出ます。

なかなか面白いよ。

 

毎日忙しいけどこんな毎日が大好きです

カナリヤはほんと毎日忙しい。

いろんな空を飛び回って忙しい。

 

 

泣いたり笑ったりイライラしたりクヨクヨしたり、

感情も飛び回って忙しい。

 

昨日泣いてたと思ったら今日は朝から笑ってて、

数分後にはすました顔でブラックコーヒー飲んでたりとか。

 

おかげで隣の人はいつも振り回されて疲れてるの。

 

 

昔から、こういうところが変わらないまま。

途中、飛べなくなったり、

飛びたい空がわからなくなったり、

鳥かごに入ってたりで不自由だったけど、

やっと自由になれたみたい。

 

 

毎日忙しいけどこんな毎日が大好きです。

数年は、自由にいろんな空を飛び回りたいです。

 

プラセンタサプリの効果で声は潤うの?

声に潤いがないと言われてから、ずっと頭の中でグルグル考えています。(前記事に書いた)
あれからというもの、目の前の人とか話しかけてくる人の声が遠くに聞こえて他人事みたい。


間違いなく、自分に話しかけられているのに。


おまけに時間もいろいろ間違えてるし、私はきっと隠れパニックに陥っている。


ところで、潤いってセラミドとかヒアルロン酸とかじゃダメみたい。
補うだけではダメなんだって。


年齢を重ねるごとに減っていくものが多い。
プラスじゃ無くてマイナスばっかりらしい。


例えば、成長因子。


成長因子は細胞分裂を活性化する物質。
それをたくさん含んでるのが、ここ数年で話題のプラセンタ。


プラセンタのサプリはいっぱい出回ってるよね。


それは、かなりの美容効果があるから。


かさかさの肌もプラセンタサプリの効果で潤うんだって。
成長因子がセラミドをやコラーゲン、ヒアルロン酸とかを増やすからだよ。


つまり、補うんじゃなくて増やすんだって。



じゃ、声はどうなのかな。
プラセンタサプリの効果で潤う?
成長因子が声の潤い成分を増やしてくれるかな。


誰か教えて。


そうそう。
声に憂いはあるんだけどね、どうやら潤いがないみたい。
それじゃ、干からびてるようにも映るドライフラワーだね。

 

声に潤いがないと言われて

この間、ある人とカラオケに行きました。
音楽関係でお世話になってる人。


ある人とカラオケに行ったのは、たぶん3年ぶりくらいかも。


時々行くんですよね、ある人とカラオケ。
音楽関係の人だからってのもあるかも。


で。
この間のカラオケでは「声に潤いがない」って言われてしまいました。


おかしいな。
潤いある生活を送ってるはずなのに・・・。


でも、潤いってなんでしょう?
何をどうすれば、声に潤いが生まれるの?


セラミドヒアルロン酸アミノ酸



いや、違う。
それは、お肌の話だね。



じゃ、ちょっと生活を変えるしかないのかな。
生活の中に潤える時間を作ればいいわけね。



歌はね、全部出るからね、生活がね。
生活が歌だし、声だし、表現になるわけで。
だから、生活から変えていこうと思ったんです、この間。


要は、セラミドヒアルロン酸アミノ酸のような要素を取り入れればいいのかな。
じゃ、セラミドヒアルロン酸アミノ酸のような人と、今度デートでもしてみようかしら。。。


なーんて、眉間にシワが寄る前に寝ます。
おやすみなさい。

 

横浜中華街の萬來行カフェのカウンター席にて。

昨日は、訳あって横浜駅から関内、関内から中華街、石川町と移動してました。

関内では、モスバーガーに入って、ちょっと仕事してました。

 

これは関内モスバーガーの2階からの風景。

f:id:kyokocanarysan:20170225103521j:plain

 

そして、その後、中華街をぶらり。

お気に入りの萬來行カフェにいきたくて歩いていきました。

retty.me

 

店内がすごく素敵。

 

f:id:kyokocanarysan:20170225105214j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20170225105228j:plain

 

もうちょっときれいな写真をぽん。

RICOHのコンパクトで撮りました。

f:id:kyokocanarysan:20170225105327j:plain

f:id:kyokocanarysan:20170225105423j:plain

f:id:kyokocanarysan:20170225105429j:plain

f:id:kyokocanarysan:20170225105431j:plain

f:id:kyokocanarysan:20170225105429j:plain

 

で、私は昨日はカウンター席にいました。

電源もあるので助かるのです。

パソコンとかタブレットとかすぐに電池減るから。

私とよく似て、続かないのよね。

 

f:id:kyokocanarysan:20170225105604j:plain

 

数日前は、ある人と行ったのでゆったりしたソファ席に座ってました。

赤と青のクッションまで置いてあるから、手が暇な時はぬいぐるみのように抱いたりなんかして。

 

f:id:kyokocanarysan:20170225105656j:plain

 

先日、ある人と飲んだのはブラックコーヒー。

ブルー系の器にブラックコーヒーってすごく好き。

実家にもこういう器あるんです。

 

f:id:kyokocanarysan:20170225105825j:plain

 

でも、昨日のジャスミン茶も好き。

あったかかったなあ。

f:id:kyokocanarysan:20170225105936j:plain

 

このカフェ、2階にあるので、中華街だとは思えないくらい静か。

それがまたいいんですよ〜。

 

昨日は奥の喫煙席で何人かの観光客が楽しそうに語ってました。

関西弁だったから関西からの観光客かも。

多分、京都かもなあ、おっとりしてたし。

 

 

1階には可愛い&本格的な中国雑貨やアクセサリーを販売する雑貨屋さんがあります。

雑貨屋さんを見てから、奥の階段で2階に上がってカフェにたどり着くっていう、ちょっと小粋な展開。

 

 

「え?こんなところにカフェがあったの?」っていう衝撃のついでに階段をついつい上がってしまうんです。

 

 

 

そうそう、私だって当初はカフェがあるとは知らずに1階で雑貨を見てただけの客でした。

しかし、雑貨屋さんの奥に入っていくと、カフェの看板があって、どうやら2階に上がれるようなので「え?こんなところにカフェがあったの?」ってノリで上がってみたら、こんな素敵な萬來行カフェがあったという訳ですね。

 

 

 

つまり、こうした展開でカフェを見つけてしまうというインパクトある策略(じゃないかもしれない)にまんまとハマったA子というパターン1の客になってしまったのです。 

 

 

ウンウン。というか、雑貨を見てからカフェに行く方が絶対ときめくんだと思う。

やっぱ、ほら、ドラマがないと、どこのカフェも一緒に見えてくるでしょ?

 

そういう展開、新鮮だと思うんだよね。

いつもと違う中華街を楽しみたいなら、一度、萬來行カフェに行ってみて。

私がカウンター席にいるかもしれないからね。

  

 

真夜中の惨事

昨日というか今日、考えるためのブログで書こうとしていた記事の下書きを誤って消してしまいました。


真夜中に静かに起こった惨事。


何事もなかったようにやり過ごしたけど、、、かなり胸が痛い。


2度と戻ってこない下書きを返して。




あ、おはようございます!




今日もちょっといそがしー。




今日はどんなドラマが待ってるのかな?



真夜中の惨事は、何らかの展開の伏線なのかな?

誰も知らない顔、ずっと知らない顔。

夜の繁華街が好きです。



繁華街の中に入るのではなくて、遠くから眺めるのが好きです。



ちょっと離れたところから、暗いところにある明るい場所を眺めていると妙に心が落ち着くのです。




車のテールライトがたくさん通り過ぎて、それを見つめて一点ボケしてると、他の車のテールライトやビルや建物の光、時にはネオンがぼんやりと滲んでくるのです。




滲んでるからって泣いてるわけではありません。
口角は緩やかに上がって気がつけば私はいつもそんな景色にとろけるように笑ってるんです。




そんな時はいつも一人。
一人きりで気兼ねなくゆっくり笑える時間。



だから、こんな私の顔は誰も知りません。
誰一人知ることはありません。

これからもずっと、ずっとね。

 

今日こそは書きたい

朝から仕事をして、ボイトレをして、歌を練習して、ピアノも練習した。

 

 

仕事が多くてちょっと窮屈な毎日になりそうだけど、無理やりにでもやりたいことはやる主義です。

 

 

それは今も昔も変わってない。

あの人が、街が、時代が、明日が変わろうとも、私のこの揺るぎない情熱と精神力は変わることはない。

 

 

でも、先に断っておくけど、この揺るぎない情熱と精神力には、、、細かい波があるからね。

そこは人間(鳥)らしさとして受け止めてほしい。

 

 

ところで、今日こそは「考えるためのブログ」の方を書きたい。

実は下書きしてあるんです。

時間を見つけては下書きしてるんです。

 

 

そうそう。時間って見つけるものだから、用意されてるものではないと思うよ。

 

 

大人になる程、時間がなくなるから勘違いしそうになるけど、大人になる程、時間は見つけるものなんだと思うね。

 

 

だから、いざとなったら、あなたのために、時間作るから、また、会えるから、だって、会いたいから、あきらめないでね、忘れないでね。

 

記事から記事へと、街から街へと

ニュースアプリを開いてニュース記事をチェックしてみる。


ついでに、コラム記事もチェックしてみる。



そうか。
こんな風に言い回せばいいのね。
うまいこと書くね。
私にはまだ、こんなうまい言い回しをするほどの実力がないや。



なんとなく、ただなんとなく、言われた通り書いてたらライターになってただけだし。
実力なんてあるのかないのか?さっぱりわからない。



でも、次から次へと記事から記事へと渡り歩く日々がまだ続いてる。



次から次へと記事から記事へと、ほんと頭が忙しすぎて、リアルに浸る暇もない。
頭の中のほとんどが妄想と空想だから。



あの人の声も、あの人の言葉も、あの人の笑顔も、リアルなはずなのに中途半端に遠い。



まるで、この街、あの街と渡り歩いた日々のようで、懐かしかったりもする。



家にも帰らず、あの街この街。
昨日誰といたのかなんて覚えてなくて、みんな、それっきり会うことはなかった。




自分が誰なのかもわからなくなって、じゃ、名前なんかいらないんじゃないかな?と思って、いっそのこと、偽名でもいいんじゃないかな?と思って、冗談半分で偽名で通してみたら、想像以上にうまくいって、余計に名前なんかいらないなって思ってしまった日があった。



次の街までついてこようとするから振り払って、次の街ではまた違う顔、違う名前で生きてた。



記事から記事へと、街から街へと。
この二つはすごく似てるよ。



この記事からあの記事へと渡るとき、私は全然違うキャラクターにならなきゃいけない。



この記事のことをあの記事に持っていたらダメなんですよ。
だから、潔く捨てなきゃいけなくて。



そんな感じで、次の街までついてこようとしてた人を、冷酷に振り払ったんだ、わたし。



それを思い出すと、時々、ブルーになって、深呼吸代わりのため息が出るんだよ、真夜中に。




記事から記事へと渡り歩く日々は、たぶんまだまだ続く。



わたしは明日、誰になればいいのか?
わかんないけど、楽しい限りは続けていくよ。

 

この緊張感が好き。

どうしてお酒をやめたの?とよく聞かれます。

いくつか理由があるので答えるのに困って、いつも適当に返している気がします。

でも、先日友達と中華街に行った時はちゃんと説明できました。

あ、もちろん全ての理由を話したのではありません。一部です。

 

しかし、割と上手く話せた気がするので私は満足してます。

友達もきっと納得してくれたと思うのですよ。

 

一番の理由は仕事に影響が出るからです。

1日ダラダラ過ごしただけで、次の日からもダラダラとしてしまうのがフリーランスの生活というものです。

ダラダラが長くなるほどに元に戻すのが大変。

 

フリーランスの人は会社に行ってないから楽でいいなーと思う人が大半かも。

以前は私もそういう目でフリーランスを見ていたし。

 

そうそう、お酒を飲むと体にすごく負担がかかるでしょ〜

私はお酒で潰れたことはないけど、それだけ体には負担がかかってたはず。

そのせいで次の日にダラダラ寝ていても、会社に行くわけではないので誰も注意しないんです。

誰にも怒られないってほんとなんか実は大変。自分で自分を怒らなきゃいけないから。

 

たとえ、1回のお酒で朝起きれなくはならなかったとしても、1回飲むとまた飲みたくなるのがお酒というもの。

お酒よりも中毒性が高いのはタバコですね。

 

ついでに私はかなりのヘビースモーカーでした。

でも、それもだいぶ前にやめました。

 

お酒を飲むと、そこからダラダラが始まって行くようで恐ろしいのです。

それによって、いい記事が書けなくなるのが一番怖いです。

 

こんな風に話すと「大変ですね〜」って言われるのかも。

でも、その大変な部分も好きで、フリーランスをやってます。

 

たぶん、向いてるんでしょうね〜。

 

 

全然起きれません

おはようございます。
今日は横浜駅の方で朝から用事があるので起きたいのですが全然起きれません。


嘘です。
ちゃんと起きます。


昔から朝弱いんですよ。
でもちゃんと起きてはいますが。


朝の用事が終わったら何処かに行こうかな。
仕事しながらだけどねー。


おはようございます。

 

真面目の何が悪いの?不真面目の何が偉いの?

出家がなんとかかんとかっていってる女優さんの本が発売されたとかニュースに載ってた。


それはいいんだけども、あるロックバンドの人と不倫してたって話が理解でけへん。
しかもそのロックバンド、結構好きやったのに。
汚染されすぎ。


付き合ってから既婚者だとわかって悩んでたと書いてあった。
そこがもっとも「?」なところ。
言わしてもらうけどちょっと順番がおかしいよ。
デキ婚よりも順番おかしい。


付き合う前からわかってないとおかしいし、そこは真面目に大人として考えなあかんことやと思う。


芸能界は本当に乱れてるのね。
特にバンド界はいろいろおかしい。
私はよく「ほんとに真面目だね。」と言われてきたけど、それでよかったと思ってます。


あーゆー世界は変な誘惑がいっぱい。
大人としての責任なんて全然わかってない人とか恐ろしいですね。


私は許せる範囲で不真面目に、周りの人も影響する範囲では真面目にやっていきたいです。



真面目の何が悪いの?
不真面目のに何が偉いの?


ところで、おやすみなさーい。
昨日は立川まで大切な人に会いに行ってたから疲れました。

いい夢を見てね♪

 

ハムチーズトーストがこんなに美味しいなんて。

そういえばこの間、桜木町のカフェでハムチーズトーストを食べたんですよ。


ハムチーズトーストって名前、むかしから聞き慣れてて、あんまり感動がなかった。


とりあえずハムチーズトーストにしておこうかなって感じで注文したら、意外に美味しくてびっくり。


お目々まん丸にして食べちゃった。


目の前にいる人は、ハムチーズトーストを頬張る私を見て微笑んでたけど、そんなのかまってる余裕もないほど、食べている時だけハムチーズトーストに夢中だった。


たかがハムチーズトースト、されどハムチーズトースト。


パンのサクサク感とチーズのとろーり感を調和するかのように挟まるハムが憎らしい、ほんと。


憎らしいから子供みたいに笑っちゃった。
そうそう、一緒にいた人がよかったから子供みたいに笑えちゃった。


いつも私を子供みたいに無邪気にしてくれる人なんですよ。
張り詰めてる神経がきもちよくゆるんでいくんだよね。
ほんと、不思議な現象だね。

 

馬車道の駅はなんでこんなに寂しいのか。

久しぶりに馬車道の駅に行ったら相変わらず静かすぎて、ポツンとしてる感じにゾクッとした。

なんか寂しい。
空気も冷たいし、流れも止まってるし、寂しくないのに寂しいって思えてくる。


見上げると眩しい光。
でも、この光もポツンとしてて、眩しいけど眩しくない。

頑張って輝いてるね、君。
寂しそうに輝いてるね、君。

馬車道の駅は寂しそうだなって、いつも思う。


こっちまで寂しくなってしまう前に早く地上に出ようかなって階段を駆け上がったよ。


上りきったところでランドマークタワーがちらっと見えて、ニヤッと笑った私。