読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナリヤ響子さんの毎日

カナリヤ響子さんの毎日を綴るブログ。

>>私のプロフィールはこちら 本家ブログはこちら<<

青空に唄った後に

青空に唄ってしまったばかりに、あの曲ができた後、大変な困難が10年ほども続いてしまった。
青空のように優しくて大きな心になるには、やっぱり心を痛めたり、いろんな経験をしなければいけなかったのだろう。

青空に唄うという曲を作った時、キッチンでは母が鼻歌を歌っていた。
あの頃はまだ元気だった。

しかし、それからだんだん元気が無くなってしまったなぁと思う。

でも、私は大体予測していた。
あの曲を作った時、これからきっと大変なことが起こるんだろうなぁと思っていた。

本当にそうなったからびっくりだけど、何も起こらない人生ほどつまらないものはないし、自分のために自分を磨くんじゃなくて、誰かのために少しでもいいからなっていけるように磨いていきたいなと今は素直に思う。
だから困難がないとダメかなって思える。

で、なんだかんだで夜は明けたような気がする。
青空が広がらなくても、私の心はいつも青空であるように心がけたい。

最近の私は大半ニヤニヤしている。
気持ち悪い。